しすぎると危険?ピーリングの効果と使用目安について

そもそもピーリングとは?

ピーリングとは、肌に残った古い角質を取り除いて、健やかな肌にする事が目的です。 本来、肌の角質はターンオーバーにしたがって、古くなったものは自然と剥がれ落ちていくものです。しかし、何らかの理由で、肌のターンオーバーが乱れると、角質はどんどん蓄積され、毛穴のポツポツやざらつき、さらにはシミの原因となるのです。 また、古い角質が残った状態でお肌のお手入れを行っても、うるおいが届きにくいので、「最近化粧水の浸透が悪いな」と感じたら角質がたまっているサインかもしれません。 お肌のくすみが気になる、毛穴の黒ずみが目立ってきたら、ピーリングケアをおこなってみましょう。 最近では、ピーリングを目的とした、洗顔料が豊富に販売されているので、自分の肌のタイプに合った商品を手軽に購入することが出来ます。 代表的なのは、フルーツ酸を使用したものと酵素を使用したものです。お肌が敏感な人は酵素タイプがおすすめです。

ピーリングの頻度と注意点

ピーリング商品には、使用頻度があります。
使用後のワントーン上がったつるりん肌を実感すると、やみつきになってしまいそうになりますが、お肌の角質を除去する力があるので、やりすぎは禁物です。必要以上にお肌の角質を奪ってしまい、乾燥したり、皮膚が薄くなって、肌トラブルの原因になったりします。また、ピーリングでは、酸を使用しているものが多いため、かゆみやピリつきを感じてしまうことがあります。ひどい場合は使用を中止して、専門医に相談しましょう。
こういったトラブルを防ぐためにも、それぞれの商品に書かれた使用頻度は守りましょう。大体、週に1回が基本的なペースの目安です。ピーリングを行った後は、いつもより念入りにお肌にうるおいを与えてあげてください。正しい使用法で、なめらかで、透明感あふれる美肌を目指しましょう!